前へ
次へ

独学で行政書士になる

行政書士試験は、択一式と簡易の記述式の問題が出されます。科目は、憲法、民法、商法、基礎法です。他の法律資格試験よりも、勉強の負担は少ないので、独学でもしっかりとやれば、合格を狙うことは可能です。おすすめの教材は、資格試験予備校の出しているテキストと、科目ごとの代表的な基本書です。基本書は文章体で書かれており、頭に自然に知識が入るので欠かせません。予備校のテキストは、要点がわかりやすく示されているので、重視すべきポイントが把握でき、基本書を読む際の指針となります。この両者の利点をうまく生かすのがポイントです。知識をインプットする際のコツは、重要と思われるキーワードを意識して覚えることです。そうすることで、頭の中で思いだしたキーワード同士を結んで、書かれていた文章を再構成することができます。それにより、書かれていたことを簡単に思い出すことができるので、記述式の問題にも対応できます。択一式の問題は、問題集を繰り返し解くことで、問われるパターンや知識を定着させることができます。以上のように、市販の教材をしっかり活用すれば、行政書士試験に独学で合格することができます。

top用置換

top用置換2
Page Top